検索
  • nkt1203

渚にまつわるエトセトラ・・・体操着編

私の出身地は新潟県です。

出身の小学校は

田んぼのど真ん中にありました。

そんなザ・田舎の小さな町です。


そんな出身小学校は

夏は半袖・短パン、

冬は長袖・長ズボンが

当たり前でした。


が!!

なんと!!!

町田市に引っ越してきた後の

とある真冬の日のことです・・

小学校の横を通りかかったときのこと・・・


半袖半ズボンの小学生が!!!

真冬の校庭で縄跳びしてるーーー!!!


その姿は私にとって

ショッキングな光景でした。


それから時は経ち、

私の長男が小学校に入学する時を迎えました。

購入物一覧表を見て改めて驚きます。


半袖半ズボンしか体操着の購入物はない・・

うちの子も半袖半ズボンで

真冬の校庭で縄跳びするのね・・・

寒いだろうに・・・

体操着の選択肢ないのね・・・


入学後、

冬はフードなし、

チャックなしなどの

ルールはあるものの、

上着を着てもよいことはわかりました。

でも下は、女子も男子も半ズボンです。

真冬でも・・

屋外の授業でも・・

先生は上下長袖長ズボンでも・・


もし体操着に長袖長ズボンが

選択肢としてあるのであれば

授業時に気温によって集中力が

削がれたりすることなく過ごせます。

また、多様な性自認にも配慮できます。

そして保護者の安心材料にもなると思います。


さらに、

一律にみんなと同じにするのではなく

服装を自分で考えることで

学びにつながるのではとも考えられます。


ちなみにこのことを東京の方に言っても

「私も半袖半ズボンだったし考えたことなかった」

と、共感してもらえないケースもあります。

でもやっぱりおかしいよなーと今も思います。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

これは、長男の 入学前に気づいて とても不安に思った事柄です。 私の出身地、新潟県では 小学校6年間は集団登校でした。 近所の6年生をリーダーに 1年生までを連れて登校します。 新年度前に 6年生が新1年生の自宅を訪ね、 登校する班の人数や 集合場所などを伝えに行くことになっています。 そのことで 繋がりを感じる場面もありました。 近所での付き合いが生まれ 新1年生の保護者は安心できる、と 地元の

私の長男に 実際に起きた出来事です。 学童入会前の説明会でのこと。 「入学からしばらくは 学童のスタッフが 学校へ利用児童を迎えに行く」 との説明がありました。 学校の敷地内に学童はありますが、 初めてのことは皆心配です。 学童の場所と行き方を 何度も教えていても やはり不安なもの。 この説明に、 それはそれは安堵したものです。 初の登所日、 少し不安はあるものの、 学校が終わったら 学童に行くこ